割れ物を段ボール箱に梱包するときには細心の注意が必要となります。車の中でいられるだけで割れ物にヒビが入ってしまう可能性が高いため、割れ物が接触しないようにするために新聞紙で進んだり、ショックを吸収する素材を間に差し込んでいく作業が必要となります。
%e9%a3%9f%e5%99%a8%ef%bc%91
お皿のセットなどは、セットを頂いたときの箱を置いているのであれば、きっちりと段ボール箱を間に差し込みながら箱の中に戻す事によって、移動のショックで破損する可能性を大幅に下げることができます。

このような箱がない場合には、段ボール箱をカットして間に差し込む方法であったり、新聞紙を大きめに丸めて衝撃で割れ物が接触しないようにする為に綺麗に箱の中に梱包していく作業が必要となります。

この作業がかなりの時間を要してしまうので、引越しの予定の直前に作業をすると非常に困難な状態となってしまいます。

そんな事から引越し作業をするのは出来るだけ早い段階から予定を考慮することが大事であり、途中で段ボール箱がなくなったり、作業を中断しなければいけないトラブルが発生してしまう可能性もあるため、そのあたりの時間も考慮して早めに引越し作業を始めることが重要です。

このように前もって様々なことを想定しておく事が重要なのです。

こちらの記事もオススメです

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする