» 2014 » 12月のブログ記事

引越しの作業をしていて感じるのは、これまでに私が買った物がいかに多いかということです。それ程大きな部屋に住んでいるわけではないのですが、梱包作業をしていると、いくつもの箱に大量に詰め込んでも、まだまだ箱に詰め込む物が大量にあるのです。
d3f38635c06539a94a9ea49f9500ca27_s

ダンボール箱の数を想定して準備しても、それよりも圧倒的に多く必要になってきます。なので、足りない分の箱を後日調達しに行くのですが、これが何度も繰り返されるようになると、自分の引越しの見積もりは、最初から結構ズレていた?と考えてしまうのです。

そのような感じで引越し作業を進めていくと、電子ピアノ 引越し 見積もりを考えても必要の無いものを減らせば良いのではないか?と思うようになります。大量に引越し先に荷物を移動する事になれば、引越し先でも余分な荷物が増えてしまいます。

なので、どうしても使う物以外は、粗大ゴミとして捨ててしまうという考え方もあります。まだまだ使えるのに捨てるという意味ではなく、リサイクルショップなどで気取ってもらえば、まだまだ使い続けてもらえる可能性があります。

使えるものをゴミとして捨てるのが悪い事であり、別の人に使用権を譲って行くのは、とても良いやり方だと思います。安くで家財道具を手に入れたい人は多いと思うのです。

a1180_000251

以前に自分で引越しを済ませようと思ったときに、タンスに入ってるものをそのまま移動したことがあります。衣類がたっぷり詰まったタンスをそのまま持てるはずがないのですが、引き出しを引き抜いた状態で外側を移動し、車の中に積んだ後で引き出しの中身を移動して差し込んでいくのです。

意外と良い方法だと思ったのですが、引越し先で車から降ろすときにも同じ作業をやってみると、引き出しを引き抜いて置く場所がなかったり、すぐに移動すると移動する分と持つ荷物の量が少なすぎて、何度も往復する結果になってしまうなど、今一つな感じになります。

準備作業を適当にやると、実際に引越しの時の作業が多くなってしまう感じがするのです。私はある程度肥満な体型であるので、運動していると考えればそれも納得ではあるのですが、やっぱり引越し作業に関しては少ない時間で効率よく終わって欲しいと思うのです。

引越しをした時のやり方は、後にも響いてくるので効率の良い段取りを体で覚えていくことは、重要な事ではないかと思うのです。知り合いの引越しをするときに手伝ったときにも、最もベストなやり方を伝授できればその方が重宝されると思うのです。

独自のやり方がとても効率が良ければ良かったのですが。