» 2017 » 1月のブログ記事

引越しをするときには、粗大ゴミを出すことが重要になってきます。引越しをするのは自宅にあるものを新居に全て移動すると考えていると、作業量が非常に多くなってしまいます。
%e3%82%b4%e3%83%9f%e6%8d%a8%e3%81%a6%e5%a0%b4
いつも使用しない物が必ず有るので、そのような物を家の中で見つける事が大事になります。購入した時期が10年以上も前であり、最近は全く出番がなくなってしまった物が必ず有るはずです。

電化製品であったり、雑貨品や衣類など、今後も使う可能性が低い物があれば、思い切って処分してしまう考え方が有効です。引越しは非常に良い機会となるので、手持ちの物を全てチェックして処分する物を仕分けしていきます。

これを完了していくと、持っていくべき物が相当に少ない事が分かるようになります。あまりにも量が多すぎると引越しの時間も長くなってしまうし、車両を借りてくる場合にも大きなトラックを用意する必要が出てきます。

その為、引越しをする前には出来るだけ量は少なくすることを前提にしていけば、引越し作業の時間もかなり短縮されます。必要のないものは粗大ゴミとして処分する方法と、リサイクルショップに売却する考え方があります。

どちらでも良いのですが手間がかかりすぎる方法は避けるべきです。

引越し料金を安くしたいなら→引越し 単身 1万円

割れ物を段ボール箱に梱包するときには細心の注意が必要となります。車の中でいられるだけで割れ物にヒビが入ってしまう可能性が高いため、割れ物が接触しないようにするために新聞紙で進んだり、ショックを吸収する素材を間に差し込んでいく作業が必要となります。
%e9%a3%9f%e5%99%a8%ef%bc%91
お皿のセットなどは、セットを頂いたときの箱を置いているのであれば、きっちりと段ボール箱を間に差し込みながら箱の中に戻す事によって、移動のショックで破損する可能性を大幅に下げることができます。

このような箱がない場合には、段ボール箱をカットして間に差し込む方法であったり、新聞紙を大きめに丸めて衝撃で割れ物が接触しないようにする為に綺麗に箱の中に梱包していく作業が必要となります。

この作業がかなりの時間を要してしまうので、引越しの予定の直前に作業をすると非常に困難な状態となってしまいます。

そんな事から引越し作業をするのは出来るだけ早い段階から予定を考慮することが大事であり、途中で段ボール箱がなくなったり、作業を中断しなければいけないトラブルが発生してしまう可能性もあるため、そのあたりの時間も考慮して早めに引越し作業を始めることが重要です。

このように前もって様々なことを想定しておく事が重要なのです。